銀座駅より徒歩30秒の歯科医院。土曜・日曜・祝日も診療を 実施。

入れ歯の解説

ホーム>入れ歯

入れ歯

入れ歯

デンチャー

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯ぐきや周りの歯にあわせた形を作り、歯ぐきの上に乗せて使用する義歯です。
しかし、歯ぐきの上に乗せただけであるため、口の中で不安定に動いたり、違和感を感じる場合があります。
入れ歯はどれだけぴったりと作っても、使っているうちに、歯にかける金属バネが歪んできたり、支えている歯や歯ぐきそのものの状態が変わってきたりして、徐々に合わなくなってくるため、ある程度の年月で、新しい入れ歯を作る必要が生じます。


フルデンチャー

総入れ歯

全ての歯を無くしてしまった場合は、右図のような総入れ歯を歯ぐきの上にのせて使用します。 歯ぐきやお口の粘膜との間に生じる吸着力だけで支えるため、やわらかいものを噛む事はできますが、かたいものを噛むことはできません。 総入れ歯の難点は、歯ぐきをすっぽり覆うため、歯を支える骨に刺激が全く伝わらず、骨が退化してしまう点にあります。 歯を支える骨が退化すると、総入れ歯を支える溝の役目をしている歯ぐきがまっ平らになってくるため、入れ歯を支えることが困難になってきます。




ホーム>入れ歯

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional