銀座駅より徒歩30秒の歯科医院。土曜・日曜・祝日も診療を 実施。

ジルコニア(インプラント)の解説

ホーム>ジルコニア(インプラント)

ジルコニア(インプラント)

ジルコニア

強度、高靭性、美しさを兼ね備えた、最高級セラミック

ジルコニア

人工ダイヤの素材として有名なジルコニアは、もとは白色の固体で、その白く美しく強い特性を活かし、欧米では金属を使わないオールラミック治療のスタンダードな材料として使用されてきました。日本では2005年に認可され、優れた歯科材料として注目を集めています。

インプラントにおいては、上部構造(人工歯の部分)と、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメントという部分に、使用されます。

ジルコニアの主材料である酸化ジルコニウムは、その驚くべき強度が注目され、産業界ではスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に採用されてきました。

また、人体に対する安全性(生体親和性)が高いのもこの素材の特長で、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。メタル素材を使った歯科治療と比較すると、「天然の歯に近い美しさ」以外に、表面が滑らかで汚れにいため、「細菌の付着が少なくプラークコントロールがしやすい」点も大きなメリットです。ジルコニアは金属より硬いにもかかわらず、重さは金の3分の1程度と、軽いのも特徴の一つで、海外では「白いメタル」と評されています。

金属色が透けない「ジルコニア・アバットメント」

ジルコニア・アバットメント

インプラント体と上部構造(上にかぶせる人工歯)を接続する「アバットメント」。金属製のものを使用されることが多いですが、ジルコニアの白いアバットメントには、金属にないメリットがあります。

  • 歯肉が薄いところでも、金属色が透けて黒っぽくなることはありません
  • 強度が高いため、長期に安定します
  • 人工歯の内側も白くできるため、最高の審美性を実現できます
  • 細菌がつきにくい性質があるため、衛生性に優れています

丈夫で美しいジルコニアの上部構造(人工歯)

ジルコニア2

ジルコニアの優れた点に、高い強度と靭性があげられます。通常のセラミックと比べ、強くてしなやかなため、インプラントにかぶせる上部構造(人工歯)が磨り減ったり、欠けたりしにくいという利点があります。表面が滑らかで細菌が付着しにくいため、衛生的でプラークコントロールをしやすいのも特徴の一つです。 ジルコニアのアバットメントと組み合わせることで、最高の審美性と機能を備えた人工歯を作る事ができます。

  • 曲げ強度、応圧に優れているため破損しにくい
  • 光の透過性が高いため透明感があり、審美的に優れています
  • 強度を補う金属の裏打ちの必要がないため、透過性を最大限に生かせます
  • 生体親和性が高く、体にやさしい歯科材料です
  • 耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高い歯科材料です

ホーム>ジルコニア(インプラント)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional